努力の仕方を間違えている人は最も不幸な人だと思う

Pocket

「努力することは良いことだ。」

多くの人はそう考えているし僕もずっとそう思っていました。

しかし、努力しても報われないことってたくさんあったりします。

苦労の先にあるのはさらに大きな苦労

「若い時の苦労は買ってでもせよ」などと昔から言われていますが、

苦労した経験がその後の人生において役に立つことってあんまりないです。

むしろ、その先は地獄が待っています。

仕事で厳しいノルマを課せられて苦労してやっと達成できたのに上司は平気な顔でさらに厳しいノルマを出してきたりします。

多くの人はそれを苦痛に感じることでしょう。

つらいことを頑張って乗り越えてしまうとその先にはもっとつらいことが待っているわけです。

正しい努力をしている人は苦労していない

一方で正しい方向を向いて努力していればそれを苦痛に感じることはありません。

ゲームで苦労してやっとクリアしても次のステージに行けばもっと苦労しないとクリア出来ません。

それでもゲームをしている本人はそれを苦労だと思っていないし、むしろそれが楽しくてやっていることでしょう。

寝る間も惜しんでハマれるようなことを仕事にしている人は強いです。

今の時代はそうやって好きなことを仕事にしている人がたくさんいます。

正しい努力を続けていると人は幸せになれる

努力することは日本人の美徳として根付いていますが、それが苦痛を伴う努力であれば見直すべきです。

本当に好きなことであれば努力しようと意識せずとも気付けばやっているものです。

好きでもないことをがむしゃらに頑張っていてもそれが好きでずっとやっている人には絶対に敵いません。

報われない努力を続けていると不幸になるので、早く新しい道を見つけるべきです。

自分には何が向いていて何が向いていないのかなんてやってみないと分からないことばかりです。

だから、いろんなことに挑戦してワクワクすることを見つけましょう。

挑戦することは幸せを探すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です