サラリーマンという仕事を生きがいにすると不幸になるリスクが高い

Pocket

一生懸命勉強して、いい大学を出て、一流の企業に勤めていれば一生安泰なんて言われていた時代もありました。

その時代は学歴がとにかく重要だったし、年収や住んでいる家、乗っている車がとにかくステータスでした。

今でもそう考えている人は多いはずです。

しかし、今日本で起こっていることは一流だった企業たちの衰退と大規模なリストラです。

40代後半で仕事を辞めたおじさんたち

転職フェアに行くと若者よりもおじさんたちの姿が目立ちます。

そこで「会社からひどい仕打ちを受けて辞めてやった」などという話は誰でも聞けると思います。

40歳後半にもなれば会社は突然嫌がらせをしてくるそうです。

嫌な部門に異動させたり、親の介護もあるのに地方に転勤させたり、1人では絶対こなせないような量の仕事を与えてブラックな労働環境に変えたり、、、

あらゆる手段を使って不要な人材を追い込み希望退職の話を持ち込みます。

さらに転職人材サポート企業がやってきて転職するための面接方法や履歴書の書き方などの指導が受けられます。

そうやって転職したその先は大抵人手不足のブラック企業だったりします。

一流企業に就職して高収入のエリートだったはずの人がある日突然底辺へと落ちていくリスクが高いのがサラリーマンという働き方です。

サラリーマン収入に頼った生き方をしているとリストラされた瞬間に人生が詰みます。

60歳になり無事定年退職したおじさんたち

公園や古い喫茶店などで暇そうにしているおじさんたちに話しかけると楽しそうにいろんな話をしてくれます。

「家には居場所がないし、話し相手もいないし、趣味もない。俺はもう社会から必要とされてないから死ぬまでこうやってぼーっと過ごすのが俺の老後の人生だ。」

という言葉が印象に残りました。

就職して約40年間勤め上げ、無事引退し平和になった老後の生活はとにかく暇で退屈で孤独みたいです。

怪我や病気をしなければ100歳くらいまで生きられる世の中で無事定年退職まで勤め上げても社会との繋がりがなくなるとその先はこんな人生が待ち受けているかもしれません。

ちなみに僕のおばあちゃんは毎日のように仲間たちとゴルフやカラオケを楽しんでいて人生を謳歌しています。

なぜサラリーマンの人生はこんなにも報われないのか

言葉を選ばずに言えばサラリーマンは消耗品でしかないからです。

戦後の何もない時代から高度経済成長の時代を迎えて日本をここまで発展させたのは製造業の力によるものです。

製造業の世界では1人の天才的な作業員が高品質なものを生み出すのではなく、誰が作っても一定の品質が保たれるように設計から製造工程まで考えつくされて高品質な製品を生み出します。

つまり、働いてくれる人なんて誰でもいいわけです。

日本人の人件費が高いのであれば海外に生産拠点に移動して生産した方が儲かることは誰でも分かることでしょう。

言葉の壁もあって日本のグローバル化はゆっくりでしたが、だんだんと日本の発展に貢献してくれた多くの作業員は不要になってきました。

そんな消耗品のような人がいるから社会が回るのですが、誰だって自分がそのうちの1人になることは望んではいないはずです。

それでも多くの人はとりあえず給料が貰えるからという理由でやりたくもない仕事をだらだらと続けて人生を消耗しています。

これからの時代は自分が本当にやるべきことは何なのか考えながら生きていかなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です