死にたいくらいつらい人生を歩んでいる人へ

Pocket

毎日がつらい。楽しいことなんてない。もはや、何のために生きてるのか分からない。

そう思ってしまうほど人生に絶望している時は一度冷静に考えて欲しい。

忙しすぎる日々の中では生きる意味を見失うし、長く生きていればいるほどどうしようもないことがたびたび起こるのが人生です。

生きていくことっていつの間にか当たり前になっているけれど実は結構大変なことだったりします。

しかし、生きている限り自分の身に起こるどんな状況にも立ち向かっていく力が必要です。

とはいえ、人間はみんながそんなに強く出来てはいません。

そんなとき、心に刺さる言葉や何気ないヒントがそこから抜け出すためのきっかけになったりします。

人生に疲れ、絶望してしまったあなたが再び立ち上がり歩み始められるきっかけになればと思います。

全ての人類に共通する人生の目的は幸せの追求である

夢や目標のない自分に生きてる意味なんてあるのか。そう思ったことは誰だって一度くらいはあるものです。

一握りの芸能人やスポーツ選手、政治家、経営者などを除けばその他大多数の人間は何かを成し遂げることなくただ生きているだけです。

それでも今を生きることに何か希望を感じたいと思うもの。

「生きる意味」という一見答えの見つからなさそうなテーマですが、実は答えが存在していました。

それは幸せの追求です。アリストテレスをはじめ、フロイト、カント、ソクラテスなど有名な歴史的知識人はみんなこの答えにたどり着いたのです。

なんだそんなことかって思うかもしれませんが、これって結構重要なことなんです。

学生時代はよく将来の夢は何ですかと聞かれたものです。

長い義務教育の中で多くの人はいつの間にか将来の夢を叶えることが人生の目的であり生きる意味となってしまいました。

僕は学生時代からここに違和感を感じており将来の夢を聞かれると答えられなくて困っていたことを覚えています。

みんなは平気でスポーツ選手とか医者とか弁護士とか答えていましたが、当時からひねくれていた僕はよくそんなことが平気で言えるよなと冷めていました。

高校生くらいになるとそれが実現可能かどうか判別できるようになったのか、小さい頃にあれだけたくさんいたスポーツ選手になりたい人たちは気付けば一人もいませんでした。

夢を叶えることが人生の目的だと刷り込まれてきたせいで多くの人は成長と共に現実を知り、大人になっていく過程で生きる意味を見失うわけです。

やりたいことが見つからないと悩む人はたくさんいますが、そんなことは当たり前なので悩む必要なんてありません。

本当はなりたいものなんてないのに何者かになろうとして苦しむ必要なんてありません。

自分を幸せにするために生きること。それがあなたの生きる意味であり、人生の目的です。

夢を語るより理想の人生について語ってみませんか?

ゲームから学んだ知恵の必要性

幸せな人生を歩むためにはどのようにして生きていくべきでしょうか。

人生はゲームであると思っている人はそうでない人に比べて上手に生きられるという事実があります。

僕はもともとゲーム好きだったことから人生に絶望していた時にずっと考えていたことがあります。

それは、「何故いつもやっているゲームは面白いのに人生というゲームは面白くないのか」ということです。

面白いゲームとはなにかという問いにはいくつかの要素があると思いますが、本質的には勝てるかどうかの1点に尽きます。

良いゲームはより多くのプレイヤーが適度に勝てるように調整されています。

それもランダムな勝敗ではなく明確なルールの中で勝敗は決定されます。

そして、ルールを理解することで最初は勝てなくても粘り強くやれば勝算が見込めるようになっています。

その結果、とんでもなく難易度が高く設定されていてもゲーマーたちはそれに果敢に挑戦し、最終的には勝利を勝ち取ります。

苦労すればするほど勝利を勝ち取った瞬間の達成感は言葉に表すことのできないほどの快感となります。

ゲームは難しいからこそ面白く、何度失敗を繰り返してもどこかに勝てる見込みがあるから絶望せず勝てるまで努力を続けることが出来るのだと思います。

一方で人生というゲームは実力の低いプレイヤーが難易度の高すぎるゲームをクリアする前にやめてしまうように勝算が見込めず諦めてしまいやすいのかもしれません。

100%勝てるゲームも面白くないけれど100%負ける(ように感じる)ゲームはもっと面白くないわけです。

人生はゲームのように簡単に勝算が見込めるようにはなっていないので、知恵がないと何をするにも成功確率が絶望的に思えてしまうのです。

結局、勝っているチームに所属(企業に就職)しておこぼれを頂くというのが人生ゲーム攻略のセオリーとなっています。

しかし、ゲームにもさまざまなジャンルのゲームがあって得意不得意で好みが分かれるように人生にもさまざまな選択肢があります。

サラリーマンになることだけが人生の選択肢ではありません。にもかかわらず約9割の人がサラリーマンとして生きることを選択しています。

もしあなたがサラリーマンとして生きることに向いていないのであれば、サラリーマンになることは幸せになるための選択ではありません。

どうせやるなら苦手でつまらないゲームよりも好きなゲームで勝負しようよってことです。

勝算の見込める選択を見つけることがあなたの人生をより豊かにしてくれるでしょう。

出来れば税金や法律などのルールを理解しているとより有利に立ち回れます。

人生において知恵というのは優位性の確保と同時に絶望することなく戦い続けられるエネルギーとなります。

だから知恵を付ける必要があります。学生時代のようにテストでいい点数を取って評価されるための勉強ではなく、自分が幸せになるための勉強をする必要があります。

自分は何が得意でどこに勝算があるのか。税金の仕組みを理解して損しないためにはどうすればいいのか。

考えるべきことはたくさんあります。幸せな人生を歩むために知恵という武器を持ちましょう。

思い切って今までの生き方を手放す

あなたが今辛い思いをしているのはこれまでの過去からの結果です。

あなたが過去に選んできたひとつひとつの決断の結果が現在のあなたの状況を作り出しています。

過去を変えることは出来ませんが、未来を変えることは可能です。

何もしなければ、現在と同じ状況のまま時間だけが過ぎていき、未来へと繋がってしまいます。

未来を変えるためには大きな決断が必要です。

例えば、一流の大学を出て新卒で一流企業に勤めることが出来たとしてもそこに疑問を感じるのであれば素直にそれに従うといいでしょう。

受験や就活でめちゃくちゃ苦労してやっとの思いでたどり着いたこのポジションをあっさりと手放すことは簡単なことではありません。

あなたにはこのようにやっとの思いで手に入れたものを手放す覚悟はありますか?

何かを手に入れるためには努力が必要ですが、何かを手放すためには覚悟が必要です。

学生時代は努力することばかり求められてきましたが、実はそれと同じくらい大事なことは覚悟することです。

ストレスを溜め込み精神をすり減らしてしまう前に、まずは思い切ってこれまでの生き方・働き方を手放しましょう。

人生の目的は働くことではなく幸せになることですよね?自分が幸せになれないところにいる必要はないはずです。

そして、あなたが今までに信じてきたものも一度疑ってみましょう。

とにかく努力すれば報われるだなんて嘘っぱちです。努力することも必要ですが、正しい方向を向いて努力すること・行動することが重要なんです。

耐え忍ぶような努力をする必要はありません。あなたにとって本当に必要なものを手に入れるための努力をしましょう。

これを読んであなたの人生が良い方向へ舵が切れることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です