人生の岐路に立った時、その判断を親に相談してはいけない

Pocket

巨額の投資や起業、転職、進学など人生の岐路に立った時、とてつもない不安や迷い、恐怖に襲われるでしょう。

正直、私も毎日がとても不安です。

そんな時に、自分では抱えきれずに誰かに相談したくなる気持ちは分かります。

しかし、ここで絶対にやってはいけないことがあります。

それは自分の親に相談すること。

おそらくこれを読んでいる多くの人の親は投資家や起業家として莫大な富を築いた経験がないはずです。

そのため、知識のない親からもらうアドバイスは根拠のないデタラメなことばかりで相談相手としてふさわしい存在とは言えないでしょう。

多くの場合、「就職して働いていたほうがいい」とか「どうせ成功するのは一握りの賢い人だけだ」とか「安定した人生を送った方がいい」と言われます。

しかし、実際は大企業であっても、東芝やシャープといった大企業であっても業績が悪化してリストラを余儀なくされる時代です。

つまり、大企業に就職しても安定した人生を送れる保証なんてありません。

むしろ、リストラなどのコントロールできないリスクがある中、そこから得られる収入だけで生活していくということは非常にリスクの高いと思いませんか?

さらに、今後AIがどんどん普及して大多数の会社員の仕事をAIが代わりにやるようになります。

ということは多くの人はリストラされ、職を失い、収入がゼロになるため路頭に迷うことになるでしょう。

結局、遅かれ早かれロボットのような言われたことをただこなす人材から脱却し、自ら仕事を生み出し価値を生み出す存在にならなければならないのです。

あなたの親は世の中の変化に気付いていますか?

インターネットが普及し、常に大量の情報にアクセスできる手のひらサイズの端末をほとんどの若者が持っています。

InstagramやTwitterに書き込まれた自分の知らない他人の情報がきっかけで一瞬で世の中に広まる時代です。

つまり、テレビや新聞などのメディアの情報とSNSに書き込まれた一個人の情報が同等に世の中に影響力を持つということです。

あなたの親が就職活動をしていた30年前とはずいぶん違いますよね?

30年前はインターネットすら普及していませんでした。

時代も違えば、会社員以外の何の経験もない親に相談することがいかに馬鹿げているのか分かると思います。

しかも、大抵の場合は否定されるのですからあなたにとってマイナスとなる確率のほうが高いでしょう。

親はあなたに安定を求めています。普通に学校を卒業して普通に就職して普通に結婚して幸せな家庭を築いて欲しいのです。

今の時代その安定や普通という考え方が最も危険だとは知らずに・・・・

親はあなたが得体の知れない危険な道に進み、みじめな生活を送り、不幸になっていく姿を見たくないのです。

そんな親の気持ちを考えればまず反対されることは当たり前です。

つまり、親に何か相談すれば間違った方をアドバイスされる可能性が高いので相談してはいけません。

自分にとってこれだと思える何かがあるのなら自分を信じて全力で突き進むしかないのです。

自分を信じて決断しよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です