成功したい人がまず最初にすべきたった一つのこと

Pocket

誰だって出来ることなら成功して今よりももっと多くのお金を稼ぎたいと思っているはず。

成功者になるためにはどうするべきなのか。

○○をやれば絶対に成功できるというようなものは世の中には存在しないが、成功者になるために必要な要素というものは存在する。

それは圧倒的な集中力を身に付けていることだ。

成功の定義についてはとりあえず置いといて今回は集中力について書いていきたいと思う。

多くの成功者は一つのことに没頭する傾向にある

僕の中では没頭する人といえばホリエモンがまず最初に思い浮かぶ。

ホリエモンはよく寝食を忘れて一つのことに没頭してしまうそうだ。

その他にも東進ハイスクールの林修先生や秒速で1億稼ぐ男で有名になった与沢翼さんなども一つのことにめちゃくちゃ没頭していることはよく知られている。

世界的な著名人ではスティーブジョブズ氏やマークザッカーバーグ氏、イーロンマスク氏だって圧倒的な集中力を持つ成功者達だ。

彼らが天才であることはもちろんだが、その才能の源は圧倒的な集中力から生まれていると僕は考えている。

何かを成し遂げるためにはこの圧倒的な集中力が必要不可欠であることは実は遥か昔から知られている。

日本なら座禅や瞑想、インドならヨガ、ユダヤ人はトーラを復唱し、イスラムではコーランを復唱することで集中力を高めてきた歴史があるからだ。

集中力が超人的な能力を生み出し、現在の高度な文明を築きあげてきた。

しかし、集中力が生み出した高度な文明は私たちの集中力を奪っていることにも気づかねばならない。

現代は集中力を手に入れるのが難しい時代

現代ではテレビやスマートフォン、インターネット、SNS、ゲームなど数多くの娯楽に溢れている。

何かを始めようと思えば誰かからLINEが来てスマートフォンをチェックしている間に集中力は削がれてしまい、1分で返事をしたとしても30分くらいロスをしてしまったという経験はないだろうか。

意識があちこちに飛ぶので集中力を保つことが難しく、何も成し遂げられない。勉学すらもまともに身に付かない。

スマホ中毒になってしまい、常にスマホが手元にないと落ち着かないという人も多い。

人によって程度は違えど全体的に現代人は集中力が欠落している。

一方でそんな中でも高い集中力を保ち続けられる人は天才となって圧倒的な成功を納める可能性が高い。

インターネットを味方に付けよ

現代社会は集中力を保つのが難しい反面、集中することが出来れば多くのことが成し遂げられるようになっている。

インターネットを使えば誰でも必要な情報をある程度は集めることが出来るし、情報を発信することも出来る。

テレビや新聞しかない時代は世の中に情報を発信できる人が限られていて家に引きこもってひたすら何かに没頭していたとしてもそれを発信する手段がないから世の中に広まることなく終わっていたかもしれない。

現代では何かを世の中に発信することは非常に簡単で誰でも出来る。価値のあることを世の中に発信できれば誰かの目に留まる可能性が高い。

だから、自分を売り込もうと必死に努力する必要もなく、家に引きこもってたんたんと作業しその成果を発信し続ければ良いのだ。

現代社会は集中力を身に付けることは難しいが、集中力を身に付ければ成功しやすい世の中だと言える。

あなたは最近何かに没頭して取り組んだことがあるだろうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です